気づけば赤字に!?初心者が忘れがちな注意すべき出費について

固定費よりも変動費用に気を付ける

自営業の初心者が気を付ける経費は固定費用よりも変動費用でしょう。固定費はある程度毎月かかる額が見えていますから、忘れることはないです。変動費用は色々な要素が加味されるので、忘れがちになるものもあります。自営業は全ての費用を自分でまかわなければならないので、仕事に関する費用の中でも忘れてしまうものもあります。仕入れやいつも使うものであれば、忘れることがないでしょう。ですが、会計に関する出費に関しては忘れることもあります。いつもの仕事とは関係ないですし、自営業でなければ必要のない経費だからです。会計ソフトに関する出費や会計士に払う出費などは忘れていられるほど少なくありません。頭の片隅においておく必要のある経費です。

赤字になるのはお金を使いすぎているから

出費はどこから必要になるか分かりません。そのために余裕の資金を持っていることが大事です。ただし、資金に余裕があるから人件費をかけすぎて赤字になることもあります。仕事は早く仕上げることは大事ですが、そのために人件費はしっかり計算する必要があるのです。自営業で使う出費で一番不明になりがちなのが人件費です。仕事を終わらせてみないと、人件費がいくらかかるか分からないということもあります。その勘定を先にしておかないと赤字になってしまうことがあるのです。仕事を早く終わらせるために人を使うのはいいのですが、使いすぎると赤字になるということです。納期と人件費をしっかり予め計算する必要があります。仕事を受けても赤字になったのでは意味がありません。

開業は、事業や店舗などを始めることです。多くの資金が必要になることもあります。費用の他にも人員の確保などが必要です。